更新履歴

播磨町・大中遺跡公園で開催の「大中遺跡まつり」に行ってきました。

11月3日(土)、加古郡播磨町の大中遺跡公園で開催された「大中遺跡まつり」に行ってきました。

天気が快晴の中、たくさんの屋台がならび、ステージイベントではダンシングチームKIRARAさん、YENA☆(イエナ)さんのライブなどがあり大勢の観客の中、たいへん盛り上がりのあるお祭りでした。
明石公園も広くて緑豊かで美しいですが、この「大中遺跡まつり」が開催された大中遺跡公園も緑豊かで美しくなかなか良いなと思いました。
晴れた日、JR「土山駅」を降り、であいの道を通り大中遺跡公園へ行くのも良いと思います。

 
写真はJR「土山駅」であいの道、であいの道横の五重塔ふるさと橋などです。

JR「土山駅」 播磨町 であいの道 1
播磨町 であいの道 3 播磨町 であいの道 3
五重塔 ふるさと橋
「であいの道」の出口近くに流れる川 大中遺跡公園 1

 

大中遺跡まつりの会場である大中遺跡公園についてです。
wikipedia「大中遺跡」には次のように書かれています。

大中遺跡(おおなかいせき)は、兵庫県加古郡播磨町に位置する、弥生時代中期から古墳時代中期の代表的な遺跡の一つ。国の史跡に指定されている。
昭和37年(1962年)6月に播磨中学校の3人の生徒により発見された。多くの住居跡とともに土器、鉄器、砥石、そして貝殻や飯蛸壺、更には中国との交流を示す分割鏡などが発掘された。昭和49年(1974年)から史跡公園大中遺跡公園(愛称は「播磨大中古代の村」)として公開されている。
平成19年(2007年)10月13日に隣地に播磨大中古代の村と一体化した形態の兵庫県立考古博物館が開館した。
毎年、秋季には「大中遺跡まつり」が開催され、弥生時代の文化を体験する催しが行われる・・・

 
大中遺跡公園の写真です。

大中遺跡公園 2

大中遺跡公園 3 大中遺跡公園 4

 
兵庫県立考古博物館の写真です。
今年8月に訪れた時に撮ったものです。
兵庫県立考古博物館は、盛り土の地下にあるような感じの博物館でした。1枚目の写真は、2枚目写真の塔から眼下の兵庫県立考古博物館入口、大中遺跡公園、であいの道横の五重の塔などを撮ったものです。
3枚目写真は、兵庫県立考古博物館の内部です。

兵庫県立考古博物館 1

兵庫県立考古博物館 1 兵庫県立考古博物館 3

 
大中遺跡まつりのステージイベントに出演のダンシングチームKIRARAさんです。

大中遺跡まつり ダンシングチームKIRARA 1

大中遺跡まつり ダンシングチームKIRARA 2

 
大中遺跡まつりのステージイベントに出演のYENA☆(イエナ)さんです。

大中遺跡まつり YENAライブ1

大中遺跡まつり YENAライブ2

大中遺跡まつり YENAライブ3

大中遺跡まつり YENAライブ4

大中遺跡まつり YENAライブ5

 

大中遺跡公園 Googleマップ
Googleマップによれば、JR「土山駅」から大中遺跡公園まで徒歩で22分から26分位です。
しかし、wikipedia「大中遺跡」によればJR「土山駅」から徒歩約12分となっています。
あれれ~
ちょっと、全然違いますね。
どちらが正しいのかわかりませんが、こういうことも考えられます。
地元の道を良く知った若者なら12分ぐらい。しかし、初めて来た観光客は20分余りかかると言ったこともあるでしょう。


スポンサードリンク