更新履歴

【まとめ】「明石へ行こう☆」とは何か? 今後の方針は?

2011年にホームページ「明石へ行こう☆」を開設し、今年2016年でまる5年になりました。
そこで、「明石へ行こう☆」とは何か?
そして、今後の方針について新たに考えてみました。

2017年12月14日 追記)
ホームページの名前を「明石どっとコム」から「明石へ行こう☆」に変更しました。

2020年7月14日 追記)
ホームページの名前の変更に伴い、記事中の「明石どっとコム」を全て「明石へ行こう☆」に変更しました。
記事の作成日も2020年7月14日に変更しました。

「明石へ行こう☆」とは何か?

Q1
「明石へ行こう☆」とは何か?
A1
「明石へ行こう☆」は、明石のサイトに限定したサーチエンジンです。
明石のサイト運営者は、メニューの新規登録ボタンよりサーチエンジンへの登録を行うことができます。
また、サーチエンジンへの登録は「明石へ行こう☆」の管理人自身も行っています。この場合、公共性が高いサイトについては、サイト管理者の許可なく登録させていただいています。この公共性とは「明石へ行こう☆」管理人の判断によります。たとえ民間企業であろうと、公共性が高いと判断した場合は、許可なく登録させていただいています。でも、この公共性の判断が結構難しいですね。企業に関しては、全て公共性があるともいえますから~。個人が運営するブログに関しては、「明石へ行こう☆」管理人が気に入りどうしても登録したいと思った場合は、ブログ管理者の許可を得たうえで登録するようにしています。

「明石へ行こう☆」はサーチエンジンとしてだけでなく、明石の情報サイトも兼ねています。
「明石へ行こう☆」は、明石のポータルサイトを目指していると言って良いかもしれません。
その為、現在は下記のページを設置しています。

wiki – 概要]のページでは、wikipediaより、明石の情報をまとめています。
wiki – 明石出身有名人]のページでは、明石出身の有名人の情報をまとめています。
wiki – 明石のゆるキャラ]のページでは、明石のゆるキャラの情報をまとめています。
イベント]のページでは、明石、及び近隣地域のイベント、行事情報を月別に紹介しています。
更新履歴]のページでは、「明石へ行こう☆」の管理人が感じたこと、思ったことを記事にしています。また、明石の観光地、神社仏閣、明石焼の店などを訪れ記事にしています。
その他「掲示板」を設置しています。

「明石へ行こう☆」の今後の方針は?

Q2
「明石へ行こう☆」の今後の方針は?
A2
現在、サイトの説明としてはサーチエンジンとしていますが、最終的には明石の情報サイト、あるいはポータルサイトを目指しています。
その為、wikiのページ、イベントのページ、掲示板、更新履歴のページを設置しています。

追記 2020.7.14)
このサーチエンジンの部分は、「明石へ行こう☆」の1コンテンツ「明石サーチ」としました。

著作権、肖像権についての考え方は?

Q3
著作権、肖像権についての考え方は?
A3
「wiki」のページなどで、「明石出身の有名人」「ゆるキャラ」を紹介する時、画像付きのものがあります。
公的人物であったり、公共性があると思った場合、Googleの画像検索より得た画像を添付し出典先を記述するようにしています。
「イベント」のページなどでイベントのチラシ画像を貼りつけています。イベントのチラシは多くの人に知ってもらうために作成したものであるため、チラシ画像を勝手に貼り付けるのはイベント運営者の意図に反するものではないと考えます。また、「明石へ行こう☆」ではチラシ画像の拡大、縮小はしていますが、切り抜きや編集はしていません。
「更新履歴」のページで明石の祭りの様子を写真付きで紹介しています。ステージ出演者以外は顔にぼかしを入れるようにしています。屋台の写真の紹介などで、料理している方が写っているものがあります。許可をいただいたうえ写真を撮っています。

運営方針は?

Q4
運営方針は?
A4
「明石へ行こう☆」のサイトの運営方針は「1.地域(明石市)の発展に貢献する。」「2.公平・公正・正義。」の2つです。
これらは常に意識をしておきたいと思っています。

1.「地域(明石市)の発展に貢献する。」について。
「明石へ行こう☆」は地域の情報サイトを目指しています。ですから、地域の発展に貢献する記事、ページ作りを意識するのは当然でしょう。

2.「公平・公正・正義。」について。
以前に京セラの創業者・稲盛和夫さんの書かれた本を読んだことがあります。
たしか、その本の中で「公平・公正・正義」を言われていたと思います。微妙に違っていたらごめんなさい。
「明石へ行こう☆」は弱小サイトですが誰でも見ることができます。小さな子供の目に触れることがあるかもしれません。大した影響力もないサイトですが「公平・公正・正義」を意識した記事、ページ作りができればと思っています。

ただ、「公平」と言うのが難しい。
人間誰もが不平等な扱いを受けることは嫌じゃないですか?
でも、サイト運営で、この「公平」が難しい。
知らず知らずのうちに、どこか偏った記事になっていたりすることが多いように思います。
全く「公平」な記事なんて書けないと言えるかもしれません。
できるだけ「公平」な記事、ページ作りができれば良いなと思います。

スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です