wiki - 明石出身有名人

明石出身有名人

明石出身有名人をまとめています。

「まだ、他に明石出身の有名人を知っているよ?」と言う方がおりましたら当サイトの掲示板等でお知らせください。
随時、更新していきたいと思います。
(LAST UPDATE 2017.9.20)
スポンサードリンク

サッカー

大久保悟 2010年、MIOびわこ草津。2011年、Rochedale Rovers (ブリスベンプレミアリーグ)。
2005年、全国高校選手権優秀選手。
1987年11月生まれ。
明石市立藤江小学校、明石市立望海中学校、滝川第二高校、大阪教育大学卒業。
川上直子 元女子サッカー選手であり、サッカー指導者、タレント。スポーツビズ所属。
2011年のFIFA女子ワールドカップ本大会ではNHKの解説を務め一躍注目を浴びました。
1977年11月生まれ。
明石市立高丘西小学校、明石市立高丘中学校、成徳学園高校(現神戸龍谷高等学校)卒業。

出典 https://www.google.co.jp
橘章斗 2010年清水エスパルスへの入団。2012年8月から松本山雅FCへ期限付き移籍。2013年シーズン終了後、契約満了により清水を退団。
1988年10月生まれ。
滝川第二高等学校、大阪産業大学卒業。
山下達也 セレッソ大阪所属。ポジションはディフェンダー。
2013年シーズン優秀選手。
1987年11月生まれ。
明石市立大蔵中学校、神戸市立御影工業高等学校卒業。

プロ野球

大津淳 昭和中期に活躍した元プロ野球選手(外野手)。
阪神タイガースに入団。1957年には打撃ベストテン8位(打率.262)の好成績を記録する。
1932年1月生まれ。
兵庫県立明石高等学校、関西大学卒業。
大西正樹 元プロ野球選手。
1987年10月生まれ。
明石市立二見中学校、神戸国際大学附属高等学校卒業。
筧裕次郎 元プロ野球選手(内野手)。2008年の登録名は裕次郎。
1984年5月生まれ。
明石市立魚住中学校入学、明徳義塾中学転校、明徳義塾高等学校卒業。
北畑利雄 元プロ野球選手(投手)。
1952年、明石南高校からに国鉄スワローズへ入団。プロ通算20勝31敗。
1933年2月生まれ。
兵庫県立明石南高等学校卒業。
楠本保 昭和初期の中等学校野球及び大学野球で活躍した野球選手(投手)。
甲子園大会において「不世出の投手」と称えられ、「世紀の剛球投手」として名を馳せた。
1914年12月生まれ。
魚住第二尋常高等小学校、兵庫県立明石中学校、慶應義塾大学卒業。
栗田聡 元プロ野球選手(投手)、理学療法士。
三菱重工神戸在籍時、1986年のドラフト会議で広島から1位指名を受け入団。
選手としては故障が多く一軍で活躍はできまかったが、近鉄時代にコンディショニングコーチの立花龍司との出会いをきっかけにコンディショニングの分野に興味を持つようになります。
引退後は元プロ野球選手としては初となる理学療法士の国家資格免許を取得しています。その後、近鉄のトレーナー、ヤクルトのフィジカルディレクター(リハビリ担当)などを務めています。
1964年8月生まれ。
兵庫県立明石高等学校卒業。
小谷正勝 元プロ野球選手(投手)、コーチ。
國學院大在籍時、1967年のドラフト会議で大洋から1位指名を受け入団。
1970年から大洋初の専任ストッパーに転向。1971年のオールスターゲームに出場。
選手を引退後、セ・リーグ3チーム(大洋、ヤクルト、巨人)すべてでコーチを務めています。
1945年4月生まれ。
兵庫県立明石高等学校、國學院大學卒業。
小山正明 元プロ野球選手(投手)。阪神、ロッテ(大毎)、大洋で活躍。
阪神在籍時、山内一弘(大毎)とのトレードは「世紀のトレード」と呼ばれました。
優れた制球力から「投げる精密機械」と称えられ、日本プロ野球歴代3位の320勝、同5位の290完投を記録した。セ・パ両リーグで100勝以上は小山正明のみです。
引退後はコーチ・野球解説者・野球評論家として活動している。2001年に野球殿堂入り。
1934年7月生まれ。
兵庫県立高砂高等学校卒業。
坂口智隆  東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手(外野手)。
2003年に大阪近鉄バファローズへ入団。2004年の球団合併を経て、2005年から2015年までオリックス・バファローズでプレー。2013年から2014年までは、オリックスの選手会長を務めた。愛称は「グッチ」。
1984年7月生まれ。
明石市立望海中学校、神戸国際大学附属高等学校卒業。
柴田佳主也 元プロ野球選手(投手)。現役時代は130キロ台の速球ながら、スライダーを武器に左のサイドスローとしてワンポイントリリーフで活躍した。
1968年3月生まれ。
兵庫県立明石高等学校卒業。
白井一行 プロ野球審判員。パシフィックリーグ・関西審判部所属。
1977年10月生まれ。
兵庫県立明石高等学校、甲賀健康医療専門学校卒業。
永井智浩 元プロ野球選手(投手)。フォークボールを武器に、斉藤和巳や杉内俊哉らが台頭する前のホークス先発投手陣を支えた。
1975年8月生まれ。
兵庫県立明石高等学校卒業。
中村公治 元中日ドラゴンズのプロ野球選手(外野手)。愛称は「コーちゃん」「デビルマン」「ハム」など。
1981年5月生まれ。
滝川第二高等学校、東北福祉大学卒業。
藤本敦士 元・プロ野球選手。現役時代は阪神タイガース、東京ヤクルトスワローズの内野手で活躍。現役時代の愛称は「モンキー」、「もっさん」、「フジモン」、「あつし」、「あっちゃん」。
2015年より阪神の二軍内野守備走塁コーチ。
1977年10月生まれ。
明石市立望海中学校、育英高等学校卒業。
益田大介 元プロ野球選手(外野手)。プロ野球コーチ。
1973年9月生まれ。
滝川第二高等学校、龍谷大学卒業。
松下繁二 昭和時代前期に活躍したプロ野球選手(外野手)。
1941年に阪神軍に入団。63試合に出場するも、召集され戦死した。東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。
1916年8月生まれ。
旧制兵庫県立明石中学校、法政大学卒業。

大相撲

明石海秀昭 1956年5月初土俵、1962年5月十両昇進。最高位は東十両11枚目。
1940年2月生まれ。
明石竜兵太郎 1902年1月初土俵、1908年1月十両昇進。最高位は西前頭10枚目。
1881年2月生まれ。
朝ノ霧満 元大相撲力士。最高位は東三段目56枚目(2000年5月場所)。身長179cm、体重105kg。得意手は左四つ、下手投げ。
1977年1月生まれ。
清水川明於 元大相撲力士。最高位は東小結(1951年1月場所、1953年5月場所、1958年1月場所)。身長176cm、体重115kg。得意手は左四つ、上手投げ。
四股の美しさは天下一品といわれる。師匠ゆずりの上手投げも鋭く、幕内の人気力士として活躍。
引退後は年寄・間垣を襲名。
1925年8月生まれ。

その他スポーツ

上地結衣 車いすテニス選手。
2014年に、女子車いすテニスダブルスで史上3組目となる年間グランドスラムを達成。女子車いす史上6人目の生涯グランドスラム制覇であり、最年少での達成。
2016年9月のリオパラリンピックでは女子シングルス3位決定戦で勝利し銅メダルを獲得。
2017年6月の全仏オープンでは2014年以来3年ぶり2度目の優勝を果たす。
1994年6月生まれ。
明石市立明石商業高等学校卒業。
平成28年10月、同じくリオで活躍した卓球女子の別所キミヱとともに明石ふるさと大使に就任。
木原美悠 女子卓球選手。JOCエリートアカデミー所属。
世界ランキング 99位(2017.9)時点。
2015年、東アジアホープス優勝。
2017年、第48回全国中学校大会優勝。
2017年世界ジュニア卓球選手権イタリア大会の女子日本代表。
2004年8月生まれ。
明石市立二見西小学校卒業。
小鴨由水 日本の女子陸上競技長距離走・マラソン選手。元女子マラソン日本最高記録保持者・1992年バルセロナオリンピック女子マラソン日本代表。
1971年12月生まれ。
兵庫県立明石南高等学校、龍谷大学短期大学部卒業。
小山修加 中国・遼寧省撫順市出身の日本の元女子バレーボール選手。ニックネームはワンジョー。1996年、日本人の祖母の病気の為、兵庫県明石市に移住。
1980年9月生まれ。
明石市立高丘中学校、須磨ノ浦女子高等学校卒業。
瀬川智広 ラグビー指導者。元ラグビー選手。 7人制日本代表のヘッドコーチなどを務める。
1970年10月生まれ。
兵庫県立明石西高校、大阪体育大学卒業。
網代忠勝 剣道選手。
2015年5月に行われた「第16回世界剣道選手権大会」男子個人戦で優勝。
1980年生まれ。
明石市立大観小学校、明石市立衣川中学校、育英高等学校、法政大学卒業。
長谷川優貴 日本将棋連盟関西本部所属の女流棋士。
1995年9月生まれ。
兵庫県立明石城西高等学校卒業。
村元小月 日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。2010年トリグラフトロフィー優勝。2013年引退。
1990年5月生まれ。

スポンサードリンク

芸能人

入矢麻衣 タレント、女優。2016年、ソニー・ミュージックアーティスツからオスカープロモーションに移籍。
1992年9月生まれ。
桂阿か枝 落語家。
5代目桂文枝の最後の弟子。高座名の由来は、明石市出身者であることから。上方落語協会会員。
平成18年、なにわ芸術祭新人奨励賞受賞。
平成21年、なにわ芸術祭新人賞受賞。
明石ケーブルテレビ「ええやん!!あかし」に出演中。
1971年6月生まれ。
明石市立人丸小学校、明石市立大蔵中学校、白陵高校、岡山大学卒業。
好田タクト お笑い芸人、指揮者、俳優。
演芸のジャンルは世界指揮者人名辞典。
著名な指揮者の形態模写。レパートリーは約30名。
1962年11月生まれ。
兵庫県立明石南高等学校卒業。
平愛梨 女優。愛称は、ピラりん。
神戸市生まれ(舞子台病院)、明石市育ち。
6人きょうだいで、上から3番目(兄2人、弟2人、妹1人)。弟に元俳優の平慶翔、妹は女優の平祐奈。
「2016上半期タレントCM起用社数ランキング」では、7社起用で女性タレント部門6位にランクインしました。
2016年6月、プロサッカー選手の長友佑都選手が「(平愛梨は)僕のアモーレですね、イタリア語で愛する人という意味です」と発言し話題となりました。「アモーレ」と言う言葉は流行語トップ10に選ばれました。
2017年1月、長友佑都選手と結婚。
1984年12月生まれ。
明石市立江井島小学校、明石市立江井島中学校、世田谷区立駒沢中学校、北豊島高等学校(通信制)卒業。注1
平成24年10月、料理人の浦上浩とともに初代明石ふるさと大使に就任。

注1 出身中学校について 2017.4.8)
・明石市「広報あかし1138号 PDF」では「明石市立江井島中学校」卒業となっています。
・wikipedia「平愛梨」では「世田谷区立駒沢中学校」卒業となっています。
・また、明石どっとコム「掲示板」では「明石市立高丘中学校」入学、「世田谷区立駒沢中学校」卒業と言う情報もいただいています。
平祐奈 女優。
神戸市生まれ、明石市育ち。
堀北真希が結婚引退し、ポスト堀北真希の声もあるようです。
姉は女優の平愛梨。
1998年11月生まれ。
武内志磨 ロックベーシスト・歌手である。元すかんち、現馬並のベーシスト。
多田健志 俳優。
成瀬英樹 シンガーソングライター、作曲家、編曲家、作詞家、ギタリスト、ウクレレ奏者。
1992年「FOUR TRIPS」結成。ヴォーカル&ギター担当。
1997年放送のTBS系ドラマ「友達の恋人」の主題歌「WONDER」でメジャーデビューし13万枚を超えるヒットとなる。その後アルバム1枚、シングルを5枚発表し解散する。以降は作曲家などとしても活躍。
2016年にはyou-me名義でAKB48グループへ楽曲提供した「君はメロディー」は130万枚超のミリオンセラー、オリコン1位を獲得する。年間チャートでも2位を記録。
2017年7月9日、伊藤銀次、成瀬英樹、GETCHA!(ゲッチャ)で夏のミニツアーを地元明石で行う。注1
1968年12月生まれ。
注1 夏のミニツアーについて
・facebookページ「GETCHA!(ゲッチャ)」より。
Mr.オクレ お笑い芸人、俳優。
明石市立望海中学校、兵庫県立明石南高等学校卒業。

アナウンサー、キャスター

赤江珠緒 フリーアナウンサー、元朝日放送アナウンサー。
1975年1月生まれ。
明石市立魚住中学校、兵庫県立明石高等学校、神戸女学院大学人間科学部卒業。
平成28年12月、5人目となる明石ふるさと大使に就任。


出典 https://www.google.co.jp
神尾純子 中部日本放送の元アナウンサー。
1970年6月生まれ。
関西大学卒業。
豊崎由里絵 毎日放送(MBS)所属のアナウンサー。
現在、「明石家電視台」、「ちちんぷいぷい(水・金)」を担当。
ちまたでは、関西の美人・かわいい女子アナウンサー四天王と言う声も〜
1988年5月生まれ。
青山学院大学社会情報学部卒業。

出典 https://www.google.co.jp
北條瑛祐 朝日放送(ABC)所属のアナウンサー。
1991年1月生まれ。
関西大学卒業。
蓬莱大介 気象予報士・防災士。、読売テレビの番組で気象キャスターを務めている。
1982年4月生まれ。
兵庫県立明石西高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。
望月理恵 キャスター。通称・モッチー。2004年10月「ズームイン!!サタデー」(日本テレビ)の女性司会者となる。
1972年2月生まれ。
兵庫県立明石南高等学校、神戸山手女子短期大学卒業。

声優

冠野智美 女優、声優。演劇集団 円所属。
声優としては実写映画の吹き替えが多いようです。
1977年12月生まれ。
金月真美 女性声優、歌手。幼少時代は劇団ひまわりに所属し子役として活躍。高校の都合で顔出しの仕事が出来なくなったことから、大沢事務所よりラジオのナレーションの仕事を受けるようになり、その後もナレーターとして活動を続けたが、1994年に発売された恋愛シミュレーションゲーム『ときめきメモリアル』(以下、『ときメモ』)でヒロイン「藤崎詩織」の声を演じたことから、一躍声優として人気を集める。
1965年4月生まれ。
藤東知夏 女性声優。日本のアニメオーディション初挑戦となった「けいおん!」で、真鍋和役に抜擢され、声優デビューとなった。
兵庫県立明石高等学校卒業。

小説家

上田岳弘 小説家。
2015年「惑星」、2016年「異郷の友人」で芥川龍之介賞候補。
2015年「私の恋人」で三島由紀夫賞受賞。同年、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の「火花」が三島由紀夫賞候補でした。芥川龍之介賞は「火花」が受賞しています。
1979年生まれ。
早稲田大学法学部卒業。
薬丸岳 小説家。2005年、「天使のナイフ」で第51回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。
1969年8月生まれ。
駒澤大学高等学校卒業。

画家、イラストレーター、デザイナー

石田一二 明石出身の洋画家。
1924年生まれ。
兵庫師範学校卒業。
石田幽汀 江戸時代中期の鶴沢派の絵師。
1721年生まれ。
江見絹子 画家。長女は作家の荻野アンナ。
1923年生まれ。
兵庫県立加古川高等女学校(現兵庫県立加古川西高等学校)卒業。
生頼範義 イラストレーター。「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」の国際版ポスターのイラストを手掛けるなど高い評価を受ける。
1935年生まれ。
東京芸術大学美術学部中退。
寺島紫明 日本画家。
1892年11月生まれ。
橋本関雪 日本画家。
1883年11月生まれ。
前田藤四郎 版画家、グラフィックデザイナー。

漫画家

あさだみほ 漫画家。
1998年4月、「ポケモンゲットだぜ!」でデビュー。
2017年11月25日(土)、26日(日)に明石公園で開催される「西日本B-1グランプリin明石」のイラストも描いています。
小田原ドラゴン 漫画家。
1997年、「ヤングマガジン増刊赤BUT」掲載の「僕はスノーボードに行きたいのか?」でデビュー。
2001年、「コギャル寿司」で文藝春秋漫画賞受賞。
1970年9月生まれ。
曽山舞 漫画家。
京都新聞で4コマ漫画を連載。また、太平洋戦争時の特攻隊員としての体験、その後の人生を描いた「特攻 最後のインタビュー」を出版。
明石市立清水小学校、明石市立魚住中学校卒業。兵庫県立明石高等学校在学。京都精華大学卒業。
原秀則 漫画家。
1980年、「週刊少年サンデー」(小学館)掲載の「春よ恋」でデビュー。
1987年、第33回小学館漫画賞を受賞(「ジャストミート」「冬物語」)。
登場人物の微妙な感情を表すことを得意としている。
富山県氷見市を舞台とした漫画「ほしのふるまち」の好評を受け、2007年に氷見市長の堂故茂から氷見市の観光大使「氷見市きときと魚大使」に任命された。
1961年6月生まれ。
藤原規代 少女漫画家。
2000年、「ザ花とゆめ」3月1日号(白泉社)掲載の「ぼくはね。」 でデビュー。

彫刻家

棚田康司 彫刻家。2005年、第8回岡本太郎記念現代芸術大賞展特別賞受賞など。
1968年生まれ。
東京造形大学美術学部彫刻科卒業。東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。

実業家、政治家、学者、その他

荻野周史 分子病理疫学者、病理学医師、分子遺伝病理学超専門医。
1968年生まれ。
灘高校、東京大学卒業。
浦上浩 明石の魚で食通をうならす料理人。
明石市立人丸小学校、明石市立大蔵中学校卒業。
平成24年10月、女優の平愛梨とともに初代明石ふるさと大使に就任。
中川綾太郎 実業家、投資家。
早稲田大学商学部で起業家養成講座IIの講師を2015年から2016年に務めました。
2016年にフォーブスのアジアを代表する30歳未満の重要人物「30アンダー30」の1人に選ばれています。
1988年4月生まれ。
明石市立人丸小学校入学。明石市立大蔵中学校入学。立命館大学工学部入学。早稲田大学商学部入学。
中部幾次郎 明治から昭和初期(1900年代後半〜1940年代前半)の実業家。
林兼商店(後の大洋漁業、現在のマルハニチロホールディングスの前身の一つ)の創業者。貴族院議員。
1866年2月生まれ。
馬場元子 ジャイアント馬場夫人(寡婦)で元全日本プロレス社長、元全日本プロレスオーナー。
1940年1月生まれ。
濱田純一 日本の法学者。兵庫県明石市出身。第29代東京大学総長(任期は2009年4月から6年間)。東大総長としては、初の戦後生まれとなる。専門はメディア法、情報法、情報政策。法学博士(東京大学、学位論文「基本権理論における制度の観念」1980年9月)。趣味は山歩き。
1950年3月生まれ。
灘高等学校、東京大学法学部卒業。
林正之助 吉本興業会長・社長。興行師、芸能プロモーター。風貌、豪快な性格からあだ名を「ライオン」と呼ばれていた。
姉は吉本興業創業者の吉本吉兵衛(通称:泰三)の妻の吉本せい。弟は後に東京吉本社長、太泉映画(東映の前身)社長を務めた林弘高。
1899年1月生まれ。
林弘高 東京吉本社長。太泉映画(東映の前身)社長。興行師、芸能プロモーター。
姉は吉本興業創業者の吉本吉兵衛(通称:泰三)の妻の吉本せい。兄は吉本興業会長、社長を務めた林正之助。
1907年2月生まれ。
畑博行 日本の法学者。近畿大学名誉学長。広島大学名誉教授。
1930年1月生まれ。
兵庫県立明石高等学校卒業。
松本好雄 実業家。世界シェア4割を占める大型船舶用ディーゼルエンジンのクランク軸など、産業機械を手掛ける株式会社きしろ代表取締役社長。愛棋家としても知られ、将棋の腕前はアマ六段。将棋棋士の内藤國雄とは旧知の間柄。その内藤の発案に応える形で、2005年より女流棋戦『きしろ杯争奪関西女流メイショウ戦』のスポンサーとなっている。2010年秋には旭日小綬章を受章。
1938年1月生まれ。
兵庫県立明石高等学校、千葉工業大学卒業。
宮嶋茂樹 報道カメラマン、ジャーナリスト。講談社『フライデー』編集部所属カメラマンを経てフリーに。主に週刊誌などで活動し、東京拘置所収監中の麻原彰晃やロシア外遊中の金正日などの姿をとらえたスクープ写真を数多く撮影している。また、世界のあらゆる戦場にも出向き、戦地での生の状況を写真として数多く伝えている。
1961年5月生まれ。
私立白陵中学校・高等学校、日本大学藝術学部写真学科卒業。
横河民輔 明治・大正・昭和期の建築家・実業家。横河グループ創業者。日本の鉄骨建築の先駆者。アメリカの雑誌で鉄骨構造を知ったという。
1864年10月生まれ。
帝国大学工科大学造家学科(現東京大学工学部建築学科)卒業。
吉本せい 吉本興業創業者、会長。芸能プロモーター。1912年、夫の吉本吉兵衛と寄席経営をはじめる。
弟には後に吉本興業会長を務めた林正之助と東京吉本社長を務めた林弘高がいる。
山崎豊子の小説「花のれん」の主人公のモデル。
また、2017年10月2日より始まるNHK連続テレビ小説「わろてんか」の主人公・藤岡てんのモデル。
藤岡てん役には女優の葵わかながつとめることが決定しています。
1889年12月生まれ。
和田久太郎 労働運動家。
1893年2月生まれ。